保険見直し|ライフイベントを機に必要なものだけを選ぶ

自動車保険の保険料

自動車保険の保険料について

かつて自動車保険は、30歳以上、あるいは35歳以上であれば、保険料が1番安く、21歳未満が1番保険料が高いとされてきました。ところが、近年、高齢者の増加に伴い、高齢者による事故が増えてきたため、従来の保険料体系では保険会社の収益が成り立たなくなってきました。そこで、現在の保険料体系は、60歳・70歳の被保険者についても保険料が従前より大幅に高くなってきました。また、保険金請求した後の次年度の保険料も大幅に上がる仕組みに変わってきました。ですので、保険見直しについては、被保険者の年齢も考慮する重要な要素のひとつとなりました。また、保険金請求する際も、次年度の保険料の上げ幅と比較しながら決める必要性が高まってきました。

自動車保険の特徴について

自動車保険については、いろんな特徴があります。その特徴をつかんでおくことが保険見直しにおいては大切になってきます。まず、補償の内容です。大きくとらえることが大切で、(1)対人・対物補償、(2)傷害補償、(3)車両補償があることをまずはおさえましょう。それから、保険料体系です。他の保険と違って、事故によって保険金を請求した場合は、次年度の保険料が上がります。さらに、保険料で言えば、車両補償の有無によって保険料が大きく変わります。保険見直しを行う場合で悩むのもこの車両補償で、自分のニーズとしっかりと相談して決めることが大切です。このように自動車保険の見直しを行うには、保険の特徴をしっかりつかんでから保険見直しを行うことが有益だといえます。